2018年03月04日

川本匡 大筋の地方競馬論 第1章 1を見る競馬

川本です。

世間の目は弥生賞でしょうが

今日は地方競馬の話です。

大筋.jpg

先日もお伝えしましたが

川本匡 大筋の地方競馬論 第1章 1を見る競馬

がリリースされました。

大筋の地方競馬論。

中央競馬よりも出走馬が少なくレベルが低く

それでいて会場数開催数は多い

その地方競馬の原理から勝てる法則、当たる法則を書き続ける理論。

その第一弾が1を見る競馬

盛岡
水沢
金沢
笠松
名古屋
園田
佐賀

この7つで使える法則を説いています。

一般発売後の結果です。

3月1日
名古屋12R 単勝7番1340円的中
3月2日
対象レース無し
3月3日
佐賀10R 単勝3番1840円的中

ここまで2開催対象となり2開催とも的中と好調です。

本日も佐賀競馬が対象競馬場。

連勝となりますか、ご期待ください。
https://regimag.jp/f/file/detail/?sale=2357

そして・・・先月3つの万馬券を的中し回収率197.7%と好調だった地方競馬しばり。

3月はここまで8戦0勝。

全敗という体たらくです。

ここまで外れると呆れてしまう。

回収率0.0%

情けない数字を早く解消させたいので今日は当てますよ。
https://regimag.jp/bo/book/detail/?book=11198
posted by 川本匡 at 08:22| Comment(0) | 1を見る競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。