2014年12月16日

朝日杯FSは丁か半か

川本です。

この秋冬G1は荒れっぱなし。

ここまで9戦連続1番人気馬が負けています。

残り2戦。

このまま1番人気馬は勝てないのか、それとも?

今週末は朝日杯FSですが、

今年の2歳馬重賞がさらに1番人気馬受難。

ここまで12レースあり

1番人気馬は2着が5頭いるものの

1着はゼロ。

さらに2番人気馬も1頭も勝利していない。

荒れっぱなしの2歳重賞戦線なのです。

ちなみに2歳重賞が阪神JFまでずっと1番人気馬が負けっぱなしという例は

なんと19年ぶりの事だそうです。

そして気になるのが19年前。

全ての2歳重賞で1番人気馬が負け続けた後の

朝日杯FS、当時は朝日杯3歳ステークスですね。

勝ったのが1番人気馬のバブルガムフェローでした。

歴史は繰り返し1番人気馬が2歳G1で勝つのか?

それとも負の連鎖は続くのか?

悩みどころです。

重賞を当てる印マニュアルが新登場⇒ 
重賞レース◆エクスプローラー(PDFマニュアル&配信サービス)
posted by 川本匡 at 16:49| Comment(0) | 重賞競走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。